【DTM】また明日【簡単まとめ】

この記事はStudio oneでDTMでフレーズを作成した様子を簡単にまとめます。

私はDTM 初心者ですが同じように DTMを始められる方の参考になるかもしれません。

私は趣味でウッドベース を弾き始めて2年のアマチュアです。あらためて言語化することで自分の知識の整理にもなりますし、もし最初に知っていたら良かったと思うことを当時の自分に向けて書いています。もしこれから始められる方のご参考になれば幸いです。

1.きっかけ 

定番のコード進行としてカノン進行があるのでそれを使ってみました。

2.内容

【また明日】DTM

今回学んだポイント3点を紹介します。

1つ目は、最初カノン進行で並べたのですが少し普通すぎるかと思って、カノン進行の前半部分を少し並び替えてみました。

(最初CからではなくEmやAmで始まるように)

しかし、しっくり来なかったのでまたカノン進行通りに戻しました笑

もう少し SD(サブドミナント)、D(ドミナント)を意識して入れ替えればよかったのかもしれませんが適当にやってしまいました。

2つ目は、ループのドラムをみてみたのですがもともとあるのは10種類くらいしかなくて、思ったようなリズムがないなと思いました。YouTubeでも定番ドラム動画があるのでそれをみて作ってみたいなと思いました。

3つ目は、今はコード進行を主にストリングス+ベースでやっているのですが、ベースの4beatでもやったらどんな印象になるのかなと思いました。しかし、ネットのDTMerさんがやっているような曲にはならなさそうなので皆さんどうやっているか学びたいと思います。

3.まとめ

シンプルですがカノン進行を使ってみました。

少し半音入れたらよかったと後から思いました。

以上簡単ですが、まとめてみました。

created by Rinker
スタイルノート
¥5,500 (2024/04/14 09:52:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました