【教則本】挫折しないギター入門【簡単感想まとめ】

【練習メモ】

挫折しないギター入門に興味があるでしょうか。

わかりやすそうな本を見つけました。

この記事は「挫折しないギター入門」という本を読んだ感想を記載します。


私は趣味でウッドベース を弾き始めて2年のアマチュアです。あらためて言語化することで自分の知識の整理にもなりますし、もし最初に知っていたら良かったと思うことを当時の自分に向けて書いています。もしこれから始められる方のご参考になれば幸いです。

1.きっかけ 

ギター弾けないのですが、子安フミさんのベース教則本でギターの教則本で学ぶと良いと書いてあったので読んでみました。

2.感想

この本は下記の構成で記載されています。

基礎編 ギターを持ってみよう

実践編 シャカシャカ弾いてみよう

コード表

特に印象に残ったポイント3点を紹介します。

1つ目は、チューニングについての説明です。

ギターのチューニングは低い方からミラレソシミとなっているそうです。ベースはミラレソなのでシミが足されている形ですね。またラだけチューニングメーターで合わせた後に他の弦を合わせる方法が書かれていましたが、一つの弦だけ5フレットではないそうで、ややこしそうだなと思いました。

2つ目は、積極的に簡単なコードのやり方が書かれていました。

少ない音で構成されているので何の音を慣らしているかチェックすればベースにも活用できるのではと思いました。

3つ目は、練習曲がたくさん載っていますがその全てに指板図が載っている事です。いちいち調べなくても弾けるようになっているのでとてもわかりやすいと思いました。

3.まとめ

簡単なコードの押さえ方が載っているのでギター入門にもベースのコード弾きにも勉強になるのかなと思いました。

以上簡単ですが、まとめてみました。

ここまで読んで頂き有難うございました。

created by Rinker
¥1,430 (2024/07/23 00:09:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました